アメリカ大統領選挙

  • このトピックには2件の返信、2人の参加者があり、最後に横内 猛により8ヶ月、 3週前に更新されました。
3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #336
    横内 猛
    キーマスター

    2021年1月6日(日本時間1月7日)は、世界中の人々がワシントンに注目しました。結果は、まだはっきりしませんが、これからアメリカをはじめ世界で起きることは、決して楽観できないことばかりが起きるでしょう。とくにアメリカ大統領選挙の正式な結果がどう出るのか、いま少し見守りたいと思います。
    追記
    1月8日にトランプ氏が事実上の敗北宣言を発表しました。正式な交代は1月20日とのことです。ここ数日の間に、なにか異変は起きるのか、あるいは、何も起きずにバイデン政権が発足するのか、どうなるでしょう。これから起きることを予想してみませんか。

    • このトピックはhalucomが9ヶ月、 2週前に変更しました。
    • このトピックは横内 猛が9ヶ月、 2週前に変更しました。
    #733
    NaomiKiriyama
    参加者

    バイデン大統領就任式の画像は合成も含めインチキだと指摘する声がSNS上で挙がっているようですが、どうなんでしょう?様々な指摘や憶測が飛び交っていますが、事実がどうなのか、全く見えてきません。アメリカ合衆国(アメリカ株式会社)は終わり、3月上旬にアメリカ共和国のトップにトランプ氏が就くなどという噂も、真偽を確かめるには時の経過を待つしかないのでしょうか。

    #735
    横内 猛
    キーマスター

    こんにちは。アメリカの様子は、私にもよくわかりません。ミャンマーの軍事政権復活のニュースが事実だとすると、世界情勢はいま見えないところで大きな変化を迎えている可能性はあると思います。アメリカ共和国という話も、可能性としては十分に考えられますが、こうしたときに思考を原点にもどすことが最も重要だと思います。
     
    それは、「次の一手は?」という自分がどう行動するかの判断です。少し世界を俯瞰してみると、経済的に世界中がつながってしまっていますので、アメリカ一国の政治体制によって世界の経済構造が急激に変わるとは思われません。ですから、アメリカ国内の混乱が起きたとしても、経済の混乱を可能な限り避けるような国連の動きになると推測されます。
     
    もっとも恐ろしいシナリオは、SNSで一部に流されているようなディープステートの一掃とか、過激なことが起きているとなると、かなり急激な恐慌やハイパーインフレに見舞われる可能性も確かに捨てきれません。
     
    私自身は、どちらかというと最悪のシナリオを想定してHalu農法の研究をしてきましたので、先日のzoomセッションでもお話ししましたように、最低限自給できる仕組みを整えておくと、安心できるのではないかと思っています。
     
    個人的な興味ですが、アメリカ共和国ができると、とても面白いと思っています。

    • この返信は8ヶ月、 3週前に横内 猛が編集しました。
    • この返信は8ヶ月、 3週前に横内 猛が編集しました。
3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。